{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
オフィス家具通販のアールエフヤマカワ

テーブル デスク 塾デスク カウンター チェア・ソファ 収納 スチール家具 ワゴン・ラック パーテーション
ホワイトボード 案内・掲示 エントランス用品 オフィスアクセサリ 机上収納・卓上ラック 子供用家具 屋外家具 インテリアグリーン 部品・パーツ

よくあるご質問

お客様からよくいただくお問い合わせをQ&A形式でまとめました。 お問い合わせをいただく前に、以下の項目をご確認ください。


お買い物に関するよくあるお問い合わせのページを確認する▶▶▶

商品に関するよくあるお問い合わせ

■家具製品共通のQ&A

Q.天然木を使った製品の木目の入り方や色に関して

A.天然木を使用している製品は、木目の入り方や色味が1点1点異なります。同じ材種でも色の濃淡や木目の特徴など1点1点異なり、天然木ならではの味わいと捉え、製品に使用しております。

Q.カラーについて、ナチュラル、ダークはどんな色ですか?

A.弊社製品において、ナチュラルは明るい色目の木目柄、ダークは濃い色目の木目柄です。ホワイト、ナチュラル、ウォルナット、ダーク、グレーなどそれぞれに複数のバリエーションがあり、製品のシリーズ等により異なります。「ホワイトA」「ナチュラルB」などアルファベットにて認識できるようにしております。表面材のカラー見本をご用意している商品もございますので、カラーチップ請求フォームやメール等でご依頼ください。

Q.既存品の特注サイズや特注色での製造は可能ですか?

A.数量、商品により異なりますが、少量の場合は国内の弊社協力工場で製造が可能な場合があります。木製品の場合1アイテム100点以上、樹脂製品の場合1000点以上であれば海外の工場でより安価に製造することが可能です。詳細はお問い合わせください。

Q.家具製品それぞれの耐久年数はどのくらいを想定していますか?

A.製品の耐久年数は、使用頻度や環境によって大きく左右されるため、一概に表記・明記・設定することはできかねます。

Q.アジャスターで高さをどの程度まで高くできますか?

A.アジャスターは、製品と床との水平を調整するための部品ですので、製品そのものの高さを上げるために使用されることは推奨いたしかねます。

Q.屋外で使用できますか?

A.屋外でのご使用は推奨いたしかねます。屋内でご使用ください。

Q.パーツや付属品等の取り寄せ、追加購入は可能ですか?

A.販売しているほとんどの製品のパーツや付属品がお取り寄せ可能です。ショップ内で一部パーツを販売しておりますが、その他パーツ、付属品につきましてはお問い合わせください。

Q.天板や棚板の表面はツルツルですか?ガタガタですか?

A.天板などの化粧材は主に低圧メラミン樹脂で、ほとんどの場合エンボス加工がされています。そのため、直に紙1枚を置いてボールペンなどで字を書くとガタつくことがあります。紙を数枚重ねるか、下敷き等のご使用をお勧めいたします。

■デスク・テーブル関連のQ&A

Q.フォールディングテーブルや研修用デスク2台を対面式に設置する場合、天板と天板の間に隙間はできますか?

A.天板と天板の間に隙間はできません。ぴったりくっつきます。

Q.ミーティングテーブル ATシリーズ 2190 / 2412を半分のサイズで(2枚の天板を1枚ずつ)使用する方法はありますか?

A.天板1枚でご使用いただくことはできない仕様となっております。

Q.デスクやテーブルはアジャスターで高さをどの程度まで高くできますか?

A.アジャスターは製品によって規格が異なりますので一概にはお応えできかねます。
また、天板と床の水平を調整するための部品であるため、テーブルやデスクそのものの高さを上げるために使用することは推奨できません。

Q.テーブルのアジャスターをキャスターに付け替えられますか?

A.キャスターでの使用を想定していない製品は、強度や安定性が保証できかねるため変更不可とさせていただいております。

Q.キャスターテーブルやフォールディングテーブルのキャスターをアジャスターに付け替えられますか?

A.安定性が保証できかねるため非推奨とさせていただいております。

Q.フォールディングテーブルを重ねて収納する場合、どのくらいのスペースが必要ですか?

A.概算ですが、重ねて収納するフォールディングテーブルの数を「N」とすると以下の式で算出できます。RFFT3シリーズとそれ以外では異なりますので、該当する表をご参照ください。


Q.フォールディングテーブルを並べて設置するときに段差ができ、水平に並びません。調整できますか?

A.フォールディングテーブルは仕様上、天板面の高さに若干傾きが生じる場合があります。水平にならない場合には次の方法での調整をお試しください。


Q.フォールディングテーブル(SHFT- , SHFTL- , SHFTL4-)のスチール部分からスポンジが飛び出しているのが気になります。外してしまっても良いでしょうか?

A.このスポンジは、スチール材内部の鉄粉などが穴から出てしまう事を防止するために入っていますが、機能に影響はございません。気になるようでしたら押し込んでご使用ください。

Q.ラディーシリーズのテーブルを使った組み合わせレイアウトの必要台数について教えてください。

A.ラディーシリーズのシーンCGにあるレイアウトパターンは次のとおりです。

Q.リスムシリーズのデスク(RFFLD-)にクランプを取り付けたいのですが、設置可能範囲と寸法を教えてください。

A.リスムデスクの天板にクランプ式備品を取り付ける場合の注意事項と詳細寸法については以下をご確認ください。

●リスムデスクは必ず配線受けを取り付けた状態でご使用ください。デスク本体の強度に影響するため、配線受けを取り外した状態では使用できません
●配線受けと干渉する箇所へのクランプ取り付けはできません
●リスムハイデスクへのクランプ取り付けはできません
●以下のクランプ取り付け参考位置は、弊社カタログ掲載製品(デスクトップパネル等)を想定した場合の目安です。市販製品の設置に際してはデスクの安定性が悪くなる場合がありますのでご注意ください

Q.配線ダクト(AT-D)は、テーブルの高さに合わせて長さを調節できますか?

A.はい。配線ダクトのパーツの増減により長さの調節が可能です。詳しくはコチラのページで解説しています。

Q.配線ダクト(AT-D)は他社製のテーブルにも取り付け可能ですか?

A.弊社製の配線対応テーブルにおいては、天板裏の配線穴や配線受けの脇に下穴を開けてあり、配線ダクトに同梱のビスで取り付ける仕様になっています。下穴がないテーブルでも下穴を開ければ取り付けは可能ですが、他社製品の場合は製造メーカーへ穴開け加工について可否のご確認をお願いいたします。

■チェア・ソファ関連のQ&A

Q.プライウッドシリーズ、ファブリックシリーズチェアの脚がガタつくのですが、どうしたらよいですか?

A.脚部にガタつきが生じた際には、座面裏の脚部を固定しているすべてのねじをご確認いただき、ゆるみがある場合は、増し締めをお願いいたします。

Q.プライウッドチェアパッド付きの座面パッドは交換できますか?

A.当シリーズの現行製品(RFC-FPDBBK, FPOR, FPGN)は、お客様側にてパッド交換が可能になっております。過去にご購入いただいた製品に関しては、以下に該当する場合パッド交換が可能です。

●座面裏に貼付されている品質表示シールの右下の年月日が「20160915」以降になっているもの
●写真のように、座面裏でパッドを固定している4つのビスが脚部の外側(赤丸の位置)にあるもの

*プライウッドシリーズのキャスターチェア(RFC-FPCADB, OR, GN)とハイチェア(RFC-FPHNWJ, GNJ)は仕様が異なり、座面交換に対応しておりません。
ご希望のお客様には有償にて、替えパッドをお送りいたしますのでこちらのお見積り・ご相談フォームよりご連絡ください。

■カウンター関連のQ&A

Q.異なるシリーズのカウンターで連結は可能ですか?

A.異なるシリーズのカウンターは連結できる仕様にはなっておりません。お色味も異なる場合がございます。

Q.カウンターの背面(内側)は化粧されていますか?

A.背面(内側)も化粧されています。

Q.カウンターのコーナーについて。L字にレイアウトする際、コーナーは内側、外側のどちらにつきますか?

A.内側・外側どちらにでも設置可能です。

Q.カウンターのアジャスターで高さをどの程度まで高くできますか?

A.アジャスターは製品により規格が異なりますので一概にはお応えできかねます。また、天板と床の水平を調整するための部品であるため、カウンターそのものの高さを上げるために使用することは推奨できません。

Q.カウンターの天板表面について。直接紙を置いて字を書くとガタガタしますか?

A.天板の化粧材は主に低圧メラミン樹脂で、多くは滑りを防ぎ反射を抑える効果のあるエンボス加工(微細な凹凸がある)がされています。そのため、直に紙1枚を置いてボールペンなどで字を書くとガタつくことがありますので、気になる場合は、紙を数枚重ねるか、下敷き等のご使用を推奨いたします。

Q.カウンターのアジャスターのみの取り寄せは可能ですか?

A.アジャスターのみの取り寄せも承ります。ご希望の場合はお見積り・ご相談フォームよりご連絡ください。

■ラック・カタログスタンド・ワゴンのQ&A

Q.デスクワゴンの引出を取り外したいのですが・・・。

A.引出の取り付け・取り外し方法についてはこちらのページにて写真付きで解説しています。
また、該当の商品ページにて商品付属の組立説明書(PDF)もご覧いただけますので併せてご確認ください。

Q.ワゴンのキャスターのみの購入は可能ですか?

A.部商品のキャスターは、こちらのページで交換用パーツとして販売しています。

■収納・シェルフのQ&A

Q.ウッドカルテシェルフに棚板を追加できますか?

A.カルテシリーズのシェルフはすべて固定棚のため、棚板の追加や取り外しはできません。

Q.扉付きシェルフの扉は何度まで開きますか?

A.約90度開きます。

■スチール家具関連のQ&A

Q.更衣室ロッカーのカギが見当たらないのですが、どこに入っていますか?

A.ALシリーズの場合・・・ロッカーの中に入っています。扉を開けてご確認をお願いします。
その他シリーズの場合・・・ハンガーパイプもしくはコートフックに人数分の鍵が入っています。

Q.ロッカーが開錠できません。どうしたらよいですか?

A.以下ご確認いただき、開けられない場合はご連絡をお願いします。
〇鍵番号と鍵穴番号は一致していますか?
〇鍵穴周辺にへこみはないですか?
〇製品を水平な場所に設置されていますか?
〇扉とレールはずれていないですか?

Q.収納庫に付属の可動棚は必ず設置しないといけないですか?

A.可動棚は、ご希望に合わせてご使用ください。お好みの位置に設置いただけます。設置されずにお使いいただいても問題ございません。

■ホワイトボード関連のQ&A

Q.マーカーが消えにくいのですがどうすればよいですか?

A.消えにくい原因として、ボード面の汚れ、マーカーとの相性、イレイザーの目詰まり等が考えられます。
ボード面の汚れは、ガラスクリーナーなどでボード面をきれいに拭いたあと、固く絞った雑巾等で表面に付着した洗剤成分をふき取り、十分乾燥させてください。イレイザーは使い続けているうちに汚れが沈着しますので、定期的にクリーニングされることをおすすめします。

Q.マグネットは使えますか?

A.両面、片面、スチールタイプ、ホーロータイプともにマグネットをご使用いただけます。片面ホワイトボードの裏面もマグネットをご使用いただけます。

↓片面ホワイトボード裏面↓

■パーテーション・スクリーン関連のQ&A

Q.シンプルスクリーンメタルタイプのアジャスターをキャスターに付け替えられますか?

A.メタルスクリーンは、安全上の問題からキャスターの取付が不可となります。

Q.シンプルスクリーンは連結可能ですか?

A.シンプルスクリーンは独立式のため連結いただけません。

Q.シンプルスクリーンを並べて設置する場合、隙間ができますか?ぴったりくっつきますか?

A.並べて使用する場合、脚部がパネルのフレームより外側に出ているため、16mmほどの隙間ができます。ぴったりくっつきません。

■広告用品・案内板関連のQ&A

Q.案内板や記帳台などに付属のマグネットバーの強度はどれくらいですか?

A.コピー用紙であれば5枚程度重ねて掲示可能です。